初心者のためのヘッドホン情報を掲載。でも鵜呑みは厳禁。あくまでも参考ということで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お約束のコピペ その1

3 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/15(日) 04:34:25.70 ID:vShbkDkV [1/5]
センター試験速報

年度     傾向                       評価
2012  濃い目・しっとりしてる                 A ←NEW!
2011  あっさり・高音よりで金属的              B-
2010  ドンシャリ・やや低音がボヤ付く            A-
2009  かまぼこ・ボーカルが若干かすれる         C+
2008  微ドンシャリ・ボーカルは埋もれていない      A+

4 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/15(日) 04:34:48.36 ID:vShbkDkV [2/5]
電源コードを変えると音が変わるのはピュア界では常識です。

私は発電所から専用線で我が家まで電力を引っ張り込んでいます。
電線の材質は無酸素銅が最高ですよ。
おかげで、ウチはミニコンですが、ハイエンドよりいい音がしますよ。
ちなみに電力会社の違いでも味付けにサがでるよ。

電力会社     長所      短所   お奨め度

------------------------------------------------------------------

東京電力     バランス   モッサリ遅い    C
中部電力    低域量感   低域強すぎ   A+
関西電力    高域ヌケ   特徴薄い    B
中国電力    透明感     低域薄い    B+
北陸電力    ウェットな艶   低域薄い    A-
東北電力    密度とSN   低域薄い    A+
四国電力  色彩感と温度   低域薄い    A
九州電力     バランス   距離感      C
北海道電力   低域品質   音場狭い     B-
沖縄電力    中高域艶   モッサリ遅い    A


で、上は発電所から5Km地点での特徴。
それより自宅~発電所間の距離が長いと上記特徴+マイルドの味付け
短いと上記特徴+刺激的な味付けが加わるよ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/15(日) 04:35:10.16 ID:vShbkDkV [3/5]
原子力
  劣化ウランの重量感と、
  どこまでも突き抜ける中性子の透明感を併せ持ち、好みが分かれる。
火力
  ねっとりと絡みつくC重油の重厚感に、
  コークスの軽量感が少々ブレンドされ、一般的な感覚。
水力
  力強い瀑布のパンチ力の中に感じられる、水滴の煌き、マニアックな味わい。
風力
  通常は、そよ風の清涼感だが、
  音量を上げるほどに破壊力を増していく、ダイナミックレンジの広さが魅力。
太陽電池
  金属的な反響を感じる全体的に硬い音、高域では鏡のような反射が魅力となる。

高速増殖炉
 プルトニュームが放つ毒々しいまでの緊迫感と、膨大な爆発力を秘めた危険な輝き。
核融合炉
 照りつける太陽のような焦燥感、一部のマニアにしか体験できない稀有なる響き。

潮力
  押し寄せる波のような低域の存在感が際立つが、赤潮や廃水のような雑味が欠点。
地熱
  大地に抱かれるような温かみのあるまろやかな味わい、
  だが、一瞬の盛上がりが火山の噴火のように力強い。

50Hz
  素数のように歯切れの良いアメリカンテイスト、
  エネルギーを注ぎ込むほど影響力がしていく。
60Hz
  無駄を省いたエコロジカルな味わいなれど、効率の良さが魅力。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/15(日) 04:35:32.35 ID:vShbkDkV [4/5]
・PCI
レスポンスと立ちあがりに優れた枯れた音。
若干の古臭さが鼻につくが、その明快な音色には定評がある。
・PCI-X
旧来のPCIよりも力感に溢れた重厚な音を示す。
また立ち上がりの鋭さも継承しており、ザクザクとした勢いのある音が心地よい。
・PCI-Ex1
原理的に線の細い音となりがちだが、それを覆すほどピュアでフレッシュな音が魅力。
人里離れた山奥に湧く清流を思い起こさせる涼しげなサウンド。
・USB1.1
高い汎用性を持った万能性が売りだが、平板で退屈な音という面は否めない。
また他デバイスとの干渉(信号反射などによる)で
USB機器特有の妙な味付けが出てしまうきらいが有る。
・USB2.0
ハイスピード化に伴って「間延びした音」というUSBの悪しき特徴が大幅に改善されたが、
ケーブルの作りの出来が音に反映してしまう為、一定以上の
クォリティを求めると途端に難易度の上がってしまう、一種上級者向けの顔も合わせ持つ。
・FireWire
正しくはIEEE1394と呼称するが、こちらはUSBとは異なり
リアル感の高いアグレッシヴな駆動を実現する。
Windows機よりもMacでの利用が推奨される、素直でありながらも玄人好みの深い味わい。
・ISA
PCIの源流とも言える、竹を割ったように鮮烈な乾いた音が特徴だが、
こちらはむしろ中域におけるメロウなトーンが真価となり、
特にテレホマンとの相性においては、現在にあっても他の追随を許さない。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/15(日) 04:35:54.89 ID:vShbkDkV [5/5]
下に置いたもので音質が変わるのはピュアオーディオ界では常識です。

コンクリートブロック:音が乾き高音が聞きやすくなる。
アスファルト:コンクリートブロックよりも高音再現性だ高いが低音やや訛り
ダンボール:全体にソフトになる。形状により楽曲に合わせた音質コントロールが可能。
木:低音重視。硬質な木よりも軟質な木がいい。ラワンはクリアに聞こえる。
宙吊り:ダイナミックレンジが魅力。ただし引換えに再現性が落ちる。

音質にこだわるなら家の基礎工事から見直す必要があります。

関連記事
[ 2012/02/05 21:44 ] コピペ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

現在までの訪問者数
プロフィール

MSHR

Author:MSHR
ヘッドホン大好きな初心者です。
自分も勉強しながら更新していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

所有ヘッドホン、イヤホン
・AKG K702
・SONY MDR-D66
・SONY MDR-SA5000
・TAKSTAR PRO80
・audio-technica ATH-CKM55

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。